環境負荷低減活動

ソーラーパネル

当社は、生産能力・効率を向上させることにより、製品の単位あたりのエネルギー使用量(原単位)削減を進め、CO₂排出量削減に取り組んでいます。過去3年間では、 18.6%の原単位削減効果(2012年度比で2015年度の削減分の割合)をあげました。
また、大泉アイスプラントでは、2006年より太陽光発電システムを導入しており、年間平均で約5万Kwhを供給し、CO₂排出削減に貢献しています。

マネジメントシステム